介護職員初任者研修の模擬問題集です。修了試験対策に活用して下さい。

試験対策!介護職員初任者研修

問題 7

介護保険制度に関する次の記述のうち、正しくないものを一つ選びなさい。

  1. 介護保険の被保険者は、その市町村に住む65歳以上の高齢者、および40歳から64歳の医療保険加入者の2種類である。
  2. 要介護認定は市町村に置かれる介護認定審査会の審査と判定に基づいて行われる。
  3. 要介護認定の結果に不服がある場合は、各都道府県に設置された介護保険審査会に審査請求をすることができる。
  4. 介護保険の財源は、被保険者の保険料と公費(税金)のみで構成されている。
  5. 介護保険の保険給付には、介護給付、予防給付および市町村特別給付の3種類がある。
© 2019 試験対策!介護職員初任者研修 All rights reserved.